色の力につよく惹かれる。
線を引いて、形をつくり、そこにどんな色を付けるのかが其々の自由だなんて、
とてもとてもすてきなことだ。




2017.12.10 Sunday 18:11

痛みは共有しにくい
物理的な目盛りで、どれだけ痛いのか、苦しいのか、わかれば便利なのに。

・目盛り5以上は休んでも可。
・それ未満は要出勤(出席)。
とか。

とぼんやり考えたところで、そんなことしたら自分には耐性が無いことが露呈するだけではなく、ひどく生きにくい世の中になってしまう。と気づく。(たぶんわたしは2で早退、3で欠席。会社ではクビである。)
痛みに強いひとと弱いひとがいる、我慢できる幅の違いというか。それってなんなんやろう、と調べていたら、脳の皮質の厚さによるものだということをネットで発見する。なんだそれ。

痛み止めを使うのがなんとなく悔しくて暫く我慢してみたけれど、仕事ができないどころか何をして時間をやり過ごせばいいのか解らない、というような非・建設的生産的な状態に陥ってゆくのを止められなくて、結局1錠のむ。
のんだからといって、仕事は相変わらずできないのですが。仕方ない。

わたしのなかで、どんどん組織の中で働くひとたちが尊敬の対象として神聖化されていく。
やらねばならない、ということの強さなのか。
ただわたしが弱いだけなのか。
弱い、なんて言い訳にならないか。
そのぶん、やるときはやります。
やらねばならないときが来たなら、脇目も振らず、休日など持たずに必死にやらせていただきます。

と、誓う。

お仕事待ってます。

2017.11.29 Wednesday 11:29

○ハンドルロックが掛かってキーが回らず焦る。何とか動いた奇跡と興奮をその後予約していた歯科の先生に伝えたくてウズウズする。


○半月が綺麗。


○部屋のベッドの側の小窓から見える漆黒の夜空はプラネタリウム。


○本を4冊返してまた4冊借りる。図書館滞在時間、2分弱。


○髪切る。みじかい。


○前を走っていた車が追突事故をおこす。その先の目的地が臨時休業で、引き返してまた事故車両の側を恐々通って帰宅。


○沈んでいく光の色が美しくて、事故を起こさないように、真剣に見入る。


○フランス映画、5分で見飽きてbgm。


○やる気がないので、徹底的に本を読む。好きな作家さんが見つかる。うれしい。たくさん借りよう。


○喜ばしいことをしよう。新しい趣味を見出す、とか。労わる、とか。むつかしいけれど。


○いつか死ぬけど、いまはいきてるぜ。いえー。



2017.11.28 Tuesday 18:55

鍵をなくす。

小石をポケットに入れたときだ、と思いつく。

小石の重みで、弾き飛ばされたに違いない。

可哀相な、鍵。

来た道を引き返し、小石を拾った川べりまで目を皿のようにしてあるく。


あった。


わたしの、鍵。

叢のなか、ひっそりと待っていてくれた姿に感動する。

愛おしい。もう、ポケットなんかには入れない、と誓う。

(小石は、お仕置きとしてそこらへんにとりあえず置いておくことにする。)


--


急にカンパーニュを作りたい衝動に駆られ、粉を買い求めにスーパーへ赴く。

偶々本日リニューアルオープンのスーパー正面入り口(開店10分前)の、たくさんのおばあちゃん(時々おじいちゃん)たちに、ひっそりと混じる。


別にこの日を狙ってきたわけではないんですよ。

ただわたしはパンに入れる粉が欲しいだけなんです。

1000円以上お買い上げで先着200名様にプレゼントされる紅白饅頭に闘志を燃やしているわけでは決してありませんよ。


という雰囲気をなるべく出しつつ、なんとなくおもむろにサングラスをかけたり、する。

この状況は。以前通ったジムの開店前と同じだ。と気づく。

自分がそこにいることを誰も重要視していないのに意識だけはものすごくされているような異様なアウェイ感。

(すみませんすみません!と胸の内でとりあえずあやまっておく)


大々的リニューアルオープン後の田舎のスーパーには、しかしながら目当ての粉はなく、ブロッコリー98円のみを会計してもらってちょっぴり切ない帰路。


全然馬鹿にしてませんしてません。そういうものですよね。需要と供給。


--


家まで帰って、気を取り直して車で別のお店へ行き"目当ての粉"を無事入手。


おじさんといとこがきて、雪囲いをしてくれるので気持ちだけ手伝う。(押さえる、とか。)

あれは、とてもじゃないけれどある程度上背と腕力がないと無理だー。


午前中歩き疲れてすこし寝てからパンづくり。

はじめてにしては上出来。

やればできるやん、と自分を鼓舞する。

表面がカリカリで非常においしい。

フィリングがみちみちだが、よしとする。

いちじくとゴールデンベリーを浸けたワインが甘くておいしかった。

そんな一日。(明日からまた雨や)


2017.11.22 Wednesday 19:58

待っているとひどく長いのに、
動くとあっという間。


という、時間の不思議を考える。

丁寧に、丁寧に。
30回、噛む。
ゆっくり、スクワット。


トルティーヤ。
にんじんぱん。
フルーツトマト。
ナッツ消失。
いちじくー。



2017.11.20 Monday 19:08

| 1/390 | >>