ああとても、浄化された。みたされた。

とてもとても。
とてもとても。

仲間たちが愛しかった。
相変わらずやさしくしてくれて、11年という月日を想った。


いろいろな場面を通ってきたけれど、
変わらないものがちゃんとまん中にまあるく収まっていて、
それがだんだん弾力を増して育っていくような、
みんなのおかげでたいせつに護られているような、
そんなイメージの上にきもちよく乗っかってお水をがぶがぶ飲みながらお酒をすこしずつ飲んだり。
最愛のひとと緑と光のなかをお散歩をしたり。唯々。

すきなものがちゃんとここにある、ということにこころの奥底から安心できる。
わたしはこんなに素敵なものたちのなかに居て、生きているのだね。


僅かな頭痛と柔らかい泥のような眠気を引き連れて電車にとびのる
トリーゴのサンドイッチは作りたてでとても美味しかった
社長も専務も元気そうでほんとうによかった
わたしが12年前に描いた絵もずっと飾ってくれていて、すこし色あせてきていた













2017.06.15 Thursday 11:32

2ヶ月ぶりの、ひとり。

わたしはどこへ行っていたんだろう。
そして、どこまで歩いていくのかしら。


久方ぶりの小部屋は、そのままで
匂いも物も雰囲気もそのままで、
すこしかなしくなりました。


わたしのための、ちいさな空間。

ここでの僅かばかりの時間を共有してくれた愛しいひとをおもう。
時は流れる。
かなしいのは、とどまらないから。
それは、正しいことのようにおもわれる、意思とは正反対に。
なぜかはわからないけれど、ただ静かにささやかな決断。


2017.06.11 Sunday 19:46

昨日、発熱、37.6度。

熱滅多に出ないからしんどかった。
気が抜けたのかなあ。

ちゃんと毒出しをしてくれる身体に感謝したい。
葛根湯効いてだいぶ回復したけれど、おなかが時々痛いのと、まだすこし怠い。


大切なひとがいなくなり、
大切なひとがまた増える。


そんな繰り返しのなかで、
すなおに
笑いながら生きられたら良い。



ばんやがーい
あっつ。

2017.06.07 Wednesday 14:10

はー…












2017.05.31 Wednesday 19:06













2017.05.06 Saturday 20:58

| 1/383 | >>